プラノーバルは、生理のコントロールや妊娠、避妊のコントロールなどに使われるホルモン剤の一種です。
しかし、ホルモン剤という医薬品ではありますから、いろんな症状に大して役に立つとは言っても万能ではありませんし、当然ながら副作用もあります。
プラノーバルと言うホルモン剤には一体どんな副作用があるかということについてを解説していきましょう。

プラノーバルの副作用とは


まず、プラノーバルの副作用で最も多いのが発疹、発熱、痒みを感じるようなアレルギー症状のような物ですね。
これは、現れ方も個人差がありますので酷い際には一旦使用をやめてゃおうがいいでしょうね。
他にも、プラノバールは服用すると体内の血液が凝固しやすいという風な副作用もあります。
なので、血栓症を引き起こしやすくなったりする、という特徴もあるんですね。
なので、血管が細くなってしまいやすいタバコと併用すると非常に危険なので、喫煙は控えた方がいいでしょう。

女性ホルモンの影響で現れる副作用

他にも、乳房が張って痛くなってしまったり体がほてったり、嘔吐や下痢、眠気やめまいなどを感じると言った妊娠初期症状に近い症状が現れることもあります。
これと同時に、つわりのような症状に見舞われることもあるのですが、これはプラノバールというホルモン剤を服用することで女性ホルモンのバランスの変化が原因だと言われていますね。

まとめ

こういった症状はあくまでも一例ではあるのですが、ある程度軽い物はホルモンの変化による影響ですので、誰でも出るという部分があります。
ただ、ホルモン剤を使用し始めてから全然違う症状が出始めたりした場合はすぐに服用をやめてから主治医に相談するようにしましょう。