昨今、様々なホルモン剤が医療に使用されており注目を受けていますね。
そんなホルモン剤の中でも、ここ最近で注目度が上がっている女性の味方である薬、プラノバールという物を知っているでしょうか。
お裏のバールは、女性ホルモンのバランスを整えるために処方サれる薬で、生理不順や不妊症などの治療に使われる物となっています。

プラノバールはどんな薬か


プラノバール、という薬は卵胞ホルモン剤と黄体ホルモン剤の二種類を合わせて作ったホルモン剤の製品名です。
効果は主に、女性の月経不順や更年期障害から卵巣機能の不全などが原因の不妊症の治療のために処方、服用される薬です。
不妊治療にも使われているのですが、プラノバールはその他にも避妊薬としても使われているんですね。
主に、避妊薬として使われているのは配合用量が少なめになっており、副作用なども比較的軽めの低用量の経口避妊剤が用いられる事が多いです。
規則正しく服用することで、ホルモンバランスを変えて妊娠をしないようにする、といふうな機能を持っているのがプラノバールの特徴です。

プラノバールの使いみち

先ほども言った、月経や生殖器異常などを治療する他は、避妊にも使われていますね。
ホルモンバランスを変化させることで、体のバイオリズムを変化させ強制的に排卵後から生理前の状態にしてしまうというわけなのです。
そして、服用を止めると生理を起こすというように体のホルモンバランスを変化させるために使うということが一般的になっています。
更に、プラノバールは女性ホルモンを補充するというホルモン剤としての役割も果たしており、卵巣機能不全が原因の不妊症に悩んでいる人の卵巣機能を正常にする、という効果も期待できます。
他には、女性ホルモンの補充は更年期障害にも効果がありますので年配の酷い更年期障害に悩まされている人が服用するというケースもありますね。

プラノバールの効果について

プラノバール、という薬は原則として一種類の効果を用いるという物ではないんですね。
薬の作用自体は、女性ホルモンの補充なのですがそれによるホルモンバランスの変化によって様々な体の変化を引き起こす物なのです。
まず、定期的に服用し続ける事で女性ホルモンを増加するので妊娠しやすい状態を維持することが出来る、ということですね。
そして、卵巣や子宮を休ませる事が出来るので生理の腹痛や頭痛と言った症状をある程度軽くする事が出来るのです。
他にも、使い道としては生理をコントロールすることができますので旅行などのスケジュールに合わせた調整をする事ができる、というところも大きなメリットですね。
そして、例えばですがアフターピルのような避妊薬としての使いみちもあるのがプラノバールの特徴ですね。
服用することでも勿論、服用してから服用をやめるという使い方を変えることによって、様々な効果を得る事が出来るんですね。
コレ一つで妊娠したい人も、避妊をしたい人も自分の望む効果を得る事が出来る、というところは女性の強い味方でしょう。

まとめ

プラノバールは、特に女性の生活周りにおいてをサポートするのに非常に高い効果を持っています。
妊娠、避妊、生理コントロールというのは特に普通に生活していく上でも女性にとっては悩みのタネになる事が多い物ですからね。
特に、何の予定がなくても生理が遅れ気味だったり毎回重いという人はこのホルモン剤を使ってみてはどうでしょうか。